VoIPを手動でセットアップするための布石

ISPが提供するVoIP基盤はNTTの純正ルータが推奨される。これがやっかいで自動的にルータの/voip_setup.cgiにPOSTする。で、データを横取りするためのプログラムを書いてみた。
使い方はrubyの入った環境で実行


C:\> ruby.exe fake-voipsetup-httpd.rb
or
$ sudo ruby fake-voip-setup-httpd.rb
とやっておいてISPのセットアップ画面に自分の端末のIPアドレスを入力する。
Ctrl+Cを押さないと走りっぱなしなので注意
ブラウザにこんなふうに表示される。
sipsv_addr=ipphone2.freebit.ne.jp
sipsv_port=5060
regsv_addr=ipphone2.freebit.ne.jp
regsv_port=5060
sip_domain=sipipp.excite.co.jp
username=xxxxxxxx000000
password=yyyyyyyyzzzzzzzz
ip_tel_num=05011112222
area_code=03
url_update=http%3A%2F%2Fwww.cpeinfo.jp%2F

「fake-voipsetup-httpd.rb」をダウンロード

| | Comments (9) | TrackBack (0)
|