GigaLAN Diskをhack(telnet化)する

まずは手始めのtelnet化。tar.gzのパッケージもあるが機種によってバラバラ。しかもVersionが上がってしまうことで後からでたDLNAパッチなどが当てられなくなる可能性がある。
そこで発想の転換。bash daemonなるパチサーバをでっち上げる。今回はバラしてみたがpkg化もできるでしょう。LANDISKのHDDをUSBにつなぐ


# mount /dev/sda2 /mnt
# cd /mnt/etc
# cp -pi services services.20080918
# vi services
bashd 8000/tcp
# cd xinetd.d/
# vi bashd
service bashd
{
flags = REUSE
socket_type = stream
wait = no
user = root
server = /bin/bash
server_args = -l -i
#disable = yes
}
# cd /
# umount /mnt
つなぎなおしてブートする
$ telnet 192.168.0.110 8000
Trying 192.168.1.110...
Connected to 192.168.1.110.
Escape character is '^]'.
root@LANDISK1:/#
ここで8000ポートにアクセスした場合にはパスワードを聞かれることなくrootになれる。用事が終わったらさっさと閉じるべし。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

vsftpを使う

CentOS4でvsftpを使う手順。
xinedのconfを書く


# cd /etc/xinet.d
# vi ftpd
service ftp
{
flags = REUSE
socket_type = stream
wait = no
user = root
server = /usr/sbin/vsftpd
log_on_failure += USERID
#disable = yes
}
vsftpdのconfを編集
# cp -pi vsftpd.conf vsftpd.conf.20080818
# vi vsftpd.conf
anonymous_enable=NO
listen=NO
# diff vsftpd.conf.20080818 vsftpd.conf
# /etc/init.d/xinetd reload
# netstat -na | grep 21
tcp 0 0 0.0.0.0:21 0.0.0.0:* LISTEN
参考
http://pocketstudio.jp/linux/?FC4%2Fvsftpd%2F2.vsftpd%20%A4%CE%BD%E9%B4%FC%A5%BB%A5%C3%A5%C8%A5%A2%A5%C3%A5%D7

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

VMWare上のLinuxで時間が遅れる

いろいろさぐった結果。解決してくれるプログラムを発見。
さくっとgccでコンパイルして/etc/rc.localとかに書けばよろし。


$ gcc -o vmware-sync-time vmware-time.c
# sudo bash
Password:
# cp vmware-sync-time /usr/sbin/vmware-sync-time
# chmod 755 /usr/sbin/vmware-sync-time
# chown root:root /usr/sbin/vmware-sync-time
# vi /etc/rc.local
/usr/sbin/vmware-sync-time

http://coderepos.org/share/browser/lang/c/misc/vmware-time/

| | Comments (84) | TrackBack (0)
|

スケールアウト技術

最近のはやりはやっぱりスケールアウトだろうな。
どこの会社もやっているとくにgoogleやamazonのスケールアウト技術はすごいと思う。
結構mixiの話は外に出てきてるので知っている人も多いはず。
まあちょこちょこ調べているのでちょっとずつ紹介していきたたい。
http://blog.miraclelinux.com/yume/2007/09/mixi_38b0_1.html

| | Comments (21) | TrackBack (0)
|

Apacheのログ肥大化

apacheのログが肥大化すると以下のようなエラーを吐きプロセスが起動できなくなる。この場合、logを削除するか、mvした後HUPシグナルを送ると解決できる。


# tail error.log
child pid 18502 exit signal File size limit exceeded (25)
# cp /dev/null error.log
# /etc/init.d/httpd reload
http://blog.unknown.jp/mt/archives/000187.html

| | Comments (117) | TrackBack (0)
|

MySQLあれこれ

MySQLを設定するにはmy.cnfをいじること。
まず、簡単な設定。最大コネクション数を増やす。


set-variable = max_connections=1000
キャッシュまわり。
query_cache_limit=10M
query_cache_size=150M
query_cache_type=1
set-variable = key_buffer=4000M
set-variable = table_cache=256
set-variable = sort_buffer=400M
set-variable = record_buffer=350M
set-variable = long_query_time=5
set-variable = join_buffer=1000M
で、測定。
$ mysqladmin -u username -p password -i5 -r -c100 extended-status > res.tmp.txt
extended-statusで"show status"をmysqladminから実行。
-r 差分値
-i 時間間隔
-c 繰り返し回数

http://www.mysql.gr.jp/mysqlml/mysql/msg/12944
http://www.mysql.gr.jp/mysqlml/mysql/msg/12945

| | Comments (3) | TrackBack (0)
|

POP before SMTP on RedHat EL 4.0

自分が作ったものをインストールしようと思ったら、構築した人がすでにPOP Before SMTPをインストールしていたのでそれをつかうことに。しかし、RedHat EL 4.0のDovecotの設定が間違っていたため使用できていなかたらしい。以下のように修正すればOKだ。


# For Dovecot POP3/IMAP
$pat = '^(... .. ..:..:..) \S+ (?:dovecot: )?(?:imap|pop3)-login: ' .
'Login: \S+ \[[:f]*(\d+\.\d+\.\d+\.\d+)\]';
変更後
# For Dovecot POP3/IMAP
$pat = '^(... .. ..:..:..) \S+ (?:pop3|imap)-login: ' .
'Login: \S+ \[[:f]*(\d+\.\d+\.\d+\.\d+)\]';
POP Before SMTPにもインジェクションされることがあるので正規表現だけはあやふやにせず注意が必要だろう。
http://popbsmtp.sourceforge.net/

| | Comments (3) | TrackBack (0)
|

D01NE on SUSE(失敗編)

FreeBSD/NetBSD方面とか、debian方面では動いたとか、Vineは使えたという話を聞いたのでとりあえず、応援しているSUSE Linuxはどうかと思い試してみた。
結果、惨敗。


# dmesg
pccard: CardBus card inserted into slot 0

おしまい。
と、こんなことじゃだめなのでとりあえず説明。D01NEはUSB接続になっていてNECのOHCIドライバを経由してUSBデバイスに見える。
なので、Windowsにインストールした挙動でもわかるとおり、USBルートハブとモデムが追加されているのがわかる。
この辺は、ITmediaの「D01NEとD01NX買うならどっち」載っていたので参照されたし。
CFタイプのN01DXのほうは難しい構造なのでLinux/BSDで動かすのは結構大変だろうと思われる。
もうひとつ付け加えておくとMacでSliper Xを経由しても接続できないのは、USBルートハブが邪魔をしているのではなかろうか。
moduleあたりを調べなおさないとだめだね。成功した人のモジュールをメモ。
cdc_acm 16032 0
ohci_hcd 36228 0
pcmcia 42776 0
firmware_class 10752 1 pcmcia
yenta_socket 28044 1
rsrc_nonstatic 13312 1 yenta_socket
ehci_hcd 48780 0
uhci_hcd 35472 0
pcmcia_core 43544 3 pcmcia,yenta_socket,rsrc_nonstatic
usbcore 149256 6 cdc_acm,ndiswrapper,ohci_hcd,ehci_hcd,uhci_hcd


http://www.clustcom.com/content/view/68/32/
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0705/10/news105.html
http://d.hatena.ne.jp/reservoir/20070406

| | Comments (1) | TrackBack (0)
|

VC701SI on SUSE

SIIのVC701SIは素性がいいので簡単に繋がった。最初、うまくDNSの解決ができなくて悩んだが、単に無線LANを拾っていたため/etc/resolv.confを上書きしていたらしい。/dev/ttyS1はKernelのdmesgから拾ってきた。あとは、Init 2を変更したくらいかな。


# vi /etc/wvdial.conf
[Dialer vodafone]
Modem = /dev/ttyS1
Baud = 460800
Init1 = ATZ
Init2 = ATH
Init3 =
Area Code =
Phone = *99#
Username = vodafone@connect
Password = vodafone
Ask Password = 0
Dial Command = ATDT
Stupid Mode = 1
Compuserve = 0
Force Address =
Idle Seconds = 300
DialMessage1 =
DialMessage2 =
ISDN = 0
Auto DNS = 1
# wvdial vodafone
--> WvDial: Internet dialer version 1.54.0
--> Initializing modem.
--> Sending: ATZ
ATZ
OK
--> Sending: ATH
ATH
OK
--> Modem initialized.
--> Idle Seconds = 300, disabling automatic reconnect.
--> Sending: ATDT*99#
--> Waiting for carrier.
ATDT*99#
CONNECT
--> Carrier detected. Starting PPP immediately.
--> Starting pppd at Sun Apr 15 02:48:20 2007
--> pid of pppd: 9238
--> Using interface ppp0
--> local IP address 202.179.215.36
--> remote IP address 172.24.24.22
--> primary DNS address 61.195.195.153
--> secondary DNS address 61.195.194.26
--> Script /etc/ppp/ip-up run successful
--> Default route Ok.
--> Nameserver (DNS) Ok.
--> Connected... Press Ctrl-C to disconnect
--> Connect time 0.1 minutes.
--> local IP address 202.179.215.36
--> remote IP address 172.24.24.22
--> primary DNS address 61.195.195.153
--> secondary DNS address 61.195.194.26
--> Script /etc/ppp/ip-up run successful
--> Default route Ok.
--> Nameserver (DNS) Ok.
--> Connected... Press Ctrl-C to disconnect
CCaught signal #2! Attempting to exit gracefully...
--> Terminating on signal 15
--> Connect time 1.4 minutes.
--> Disconnecting at Sun Apr 15 02:49:48 2007


$ dig www.yahoo.co.jp

; <<>> DiG 9.3.2 <<>> www.yahoo.co.jp
;; global options: printcmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 9580
;; flags: qr rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 10, AUTHORITY: 0, ADDITIONAL: 0

;; QUESTION SECTION:
;www.yahoo.co.jp. IN A

;; ANSWER SECTION:
www.yahoo.co.jp. 201 IN A 203.216.235.201
www.yahoo.co.jp. 201 IN A 203.216.243.218
www.yahoo.co.jp. 201 IN A 203.216.247.225
www.yahoo.co.jp. 201 IN A 203.216.247.249
www.yahoo.co.jp. 201 IN A 124.83.139.191
www.yahoo.co.jp. 201 IN A 124.83.147.202
www.yahoo.co.jp. 201 IN A 124.83.147.203
www.yahoo.co.jp. 201 IN A 124.83.147.204
www.yahoo.co.jp. 201 IN A 124.83.147.205
www.yahoo.co.jp. 201 IN A 203.216.231.160

;; Query time: 17 msec
;; SERVER: 10.0.1.1#53(10.0.1.1)
;; WHEN: Sun Apr 15 03:15:24 2007
;; MSG SIZE rcvd: 193


| | Comments (117) | TrackBack (0)
|

FIPSは古いのね

今時はntfsresizeなんつうものがあるらしい。私は基本的にデュアブートが好きではないのだけど、Linuxだけで用事がすまないこともあるのでWindowsは10Gとか5GBくらいでも残さざるを得ない。クスン。EdyもPanaのMP3もWidows依存のソフトなのです。ああ悲しい。
http://memo.blogdns.net/resize.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

より以前の記事一覧